総コレステロール値が基準値オーバー

私は母親から受け継いだ体質なのか、食生活のせいなのか、小学生の頃に受けた血液検査で既に総コレステロール値が230を超えていて、食事指導を受ける運びとなりました。小学生5年生の時だったので、もちろん意味はよく理解していなかったのだけれど、母親から「ポテトチップスとか、ジャンクフードはしばらく禁止だよ」と言われたのをよく覚えています。それから、母親指導のもと、毎日コレステロールを下げるお茶を飲んだり、豆腐がコレステロール値を下げると言われた為、豆腐料理をたくさん食べました。ポテトチップスは大好きだったのですが、週に1度に食べる量を減らす事になりました。
そうこうしている内に一年過ぎました。再度血液検査を受けるとコレステロール値は、ギリギリ基準値の範囲内に収まるように改善されていました。
それから、10年程経って会社の健康診断を受けた時の事です。またもや、コレステロール値が250を超えており、おまけに中性脂肪の値も昨年の2倍の120程になっていました。要指導の文字が、記載されていました。その時は心覚えがあり、仕事のストレスで夜にハンバーガーやフライドポテトなど油っこいジャンクフードをお腹いっぱい食べて、お酒を飲んだりもしてストレス発散する事を続け、その結果1年で10キロ程体重が増えていたからです。
悪玉コレステロールの増加や中性脂肪の急激な増加は、血液をドロドロにして脳卒中や動脈硬化など成人病を引き起こす元になると言われています。まだ20代という若さで、そういった危険性を含んでいる血液検査の結果に愕然とし、食事改善とともに運動を始める事にしました。
食事は、なるべく自炊するように心がけました。自炊をすると、塩分の制限も自由に出来ますし、味付けも薄味を心がけて、更に和食中心のメニューにこだわって作りました。油っこい味に下が慣れていたため、当初は味気なく感じたのですが、薄味に慣れてくると、逆に濃い味付けがしつこく感じるように味覚が変わっていきました。
また、仕事が早く終わる日や土日を使って、トレーニングジムに通うようにしました。主にランニングマシーンを使って、1回に2キロ以上ランニングをしました。痩せる目的だけではなくて、走る事によって代謝も良くなった気がしました。また体力作りにも役立ちました。
その結果、1年で12キロ程体重が減り、総コレステロール値は基準値内に収まり、中性脂肪も前回の半分以下の数値に戻りました。
日頃の食生活というのは、健康な体を保つ為に大切なものだとすごく実感しました。